【1月23日(火)】社長の学校TV上映勉強会 「ストックビジネスの教科書」

~事業が成功する仕組み。ストックビジネスは計画的につくるもの〜

 

こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!

● 毎月の売上が安定しない…

● 下請け業務が多く、元請け会社の業績に左右されやすい…

● 仕組み化ができていない…

● いつまでたっても忙しい状態が続く…

● 業績が伸びない・安定しない…

● フローのビジネスモデルをどうにかしたい…

● 一応ストック型だけど伸び悩んでいる…

今回はこのような悩みを抱えている社長に、特にオススメの内容です。


勉強会の内容

成功しているビジネスは必ずストック型?!

 【安定的に成長し続けている会社】と、
【毎月生き延びるために必死な会社】の違いは何でしょうか。

 安定的に成長し続けている会社の共通点の一つに、
「ストック型のビジネスモデルである」ということが挙げられます。

例えば、1代で世界的な企業に成長したソフトバンク
日本で一番大きな警備保障会社のセコム

どちらも毎月定額課金のサービスを展開し、
ユーザー数を増やしていくことで成長してきました。

あなたのビジネスはストック型になっていますか?

ストックビジネスのつくり方

・全然ストック型になっていない…

・ストック型にしようとしたけど上手くいかなかった…

・うちはフロー型のビジネスだからストック型なんで無理…

と、諦めるのはまだ早いかもしれません。

今回講師を務める大竹啓裕氏は会社勤めの時代から、
セコムでの営業大手ラーメンチェーンのFC化を手がけ、

独立後は貸し会議室レンタルオフィス事業など複数の事業で、
年商10億円のストックビジネスをゼロから作り上げてきました。

今ではゼロからストック型ビジネスをつくるための相談や、
フロービジネスをストック型に変換するための相談を多数受けている、
“ストックビジネスの専門家”です。

ストック型のビジネスには、「8つの課金モデル」
「17のビジネスモデル」が存在します。

それらの組み合わせを駆使すれば、
ゼロからストック型ビジネスをつくり上げることも、
フロー型のビジネスをストック型に変換することも可能です。

ストック型のビジネスをつくり上げることができれば、
毎月の固定費をストックの売上から払うことができるようになりますし、
売上・利益を右肩上がりで積み上げていくことが可能です。

年間の計画や3年後5年後の未来も見通しが立ち、
人の採用オフィス移転などの固定費の増加にも
余裕をもって実施ができるようになります。

ストックビジネスをつくることは、経営者としての
手腕が問われる重要な要素です。

ぜひこの機会にストックビジネスの作り方を
身につけましょう。

 

社長の学校TV上映会とは?

プレジテントアカデミー様との協業により
経営者のための映像配信プラットフォーム「社長の学校TV」を毎月上映会をさせていただくことになりました。

毎月、一流講師のセミナー動画が、あなたのビジネスを磨き続けるパートナーとなるでしょう。
この上映会では、上映を約60~70分を行い、グループディスカッションを約50分行います。

プレジテントアカデミーでは様々な学びの場を提供されています。
私(原 数幸)も会員として毎月学んでします。
ご興味ある方は下記からご参照下さい。是非一緒に学びましょう!
https://president-ac.jp/


講師の紹介

大竹 啓裕 氏
株式会社アットオフィス 代表取締役

株式会社アットオフィス代表取締役社長。非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会副理事長。大竹アンドパートナーズ税理士事務所シニアコンサルタント。1963年福島県生まれ。20代はセコム(東証一部)にて、理想的なストックビジネスの営業を経験。その後、大手デベロッパーにて100棟以上のオフィスサブリース運営を学ぶ。30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーとして参画。同ラーメン店でストックビジネス理論を実践、FC責任者として約250店舗を展開させるなど、同チェーンをラーメン業界大手に押し上げる原動力となる。その後、不動産業界に革命を起こしたいと考え42歳で起業。

 

 


勉強会の詳細

日時 2018年1月23日(火)上映会18:00〜19:20 19:20~20:00グループディスカッション
対象者 経営者・個人事業主
TEL/FAX TEL 0263-87-1906 / FAX 0263-87-1908
講師 プレジテントアカデミー「社長の学校TVより 大竹 啓裕 氏 株式会社アットオフィス 代表取締役」
受講料 無料
申込締切 平成30年1月21日
持ち物 筆記用具・名刺
その他備考

メールでのお申し込みはこちらから

GREAM会員様のお申込みはこちらから»

お名前
【全角】例)松本 太郎
メールアドレス
【半角】例)mail@s-kp.jp
メールアドレス確認用
【半角】例)mail@s-kp.jp
電話番号
【半角】例)0263-87-1906


会員様のメールでのお申し込みはこちらから

会員番号
電話番号
【半角】例)0263-87-1906